婚活 結婚サポートブライダルPunono(ぷのの)

婚活アドバイザーがフッと思う、普通のこと

結婚サポート ブライダルPunono

テレビを観なくなって、四ヵ月経った

見かけより憶病な性格なので、

コロナ禍で一時はちょっと神経過敏になっていた

見えないウイルスの存在に、恐怖心を抱いた瞬間もあった

 

 

けれど、テレビを観なくなり、新聞を読まなくなると

自分の生活は以前と変わらないようになってきた

 

朝起きて何気なく点けていたテレビは

買い替えと共にYouTubeのBGMチャンネル専用となって、

毎朝、素敵な音楽と画像を無償で観せてくれるし、

(広告があまりないものを選んでいます)

暑い日には涼しい川の流れの映像を清流の音とともに聴かせてくれた

 


【癒しの音】川のせせらぎと小鳥たちのさえずり【ナチュラルサウンド】

 

新聞でみるのは「おくらみ」の欄だけで、過ごした事四ヵ月、、

私の気持ちはとても穏やかになってきた。

 

コロナの事もあまり気にならなくなり、普通に出かけて食事をしたり

友人と語りあったり、時にはお酒も飲んだりしている。

GOTOで地方を旅したり、日頃行かない場所にドライブにも出かけている

自分が出来る予防はしているけれど、本当に普通に暮らしている

 

ある友人は三月以降、一回も外食していないのだとか、、

個人の考え方なのでアレコレいう気持ちにもならないけれど

今回のコロナ騒動は、その人の考え方などを見事にあぶり出した、、

そんな印象だ。

 


【自粛しない感染予防】宮沢先生再登場!ご存知の方も多いかと思いますが、改めて「1/100作戦」を提唱します。あと、免疫の話と居酒屋トークの仕方を教えていただきました。

 

私はこの先生の考え方にとても救われていて、明るい関西人っぽいお喋りと

学者っぽくない気質がとても気に入っている

要はテレビを観ることをやめて、良いと思ったYouTubeチャンネルを観ることが

毎日の生活のスタンダードになった。

 

コロナ禍で一番大きく変わったのはそのことだ。

テレビはYouTubeチャンネル専用になったことだ

 

20代の会員さんがテレビは嫌だと言っていたことを思い出す

その当時、彼は

「テレビを観ると、残酷なこと、バカバカしいこと、悲惨なことばかりで気が滅入る」

と言っていた。

正直、私は気持ちが少し弱いんだな、、そんな程度しか思わなかったけど

今になると「そうだな、、」と納得できる。

 

とにかく気持ちが不安定になったらテレビから離れてみよう

更に、ネットに依存することもやめてみよう

そして出来るのなら、以前と変わらずに飲食店に出かけよう

このコロナ禍で、美味しいものを提供してくれていたお店が無くなるのは

とても心が痛む、、自分だけが大丈夫ならそれでいい、、とは思えない。

 

コロハラ、、

こんな言葉もあるようだけど、日本ならではの要はイジメだ。

だれでも罹患する可能性はあるし、イジメた本人がなる可能性もある

そんな馬鹿げた事に、短い人生を使うのは愚の骨頂

 

今日も自分の判断で食べたいものを食べて、行きたい場所に行き、

観たいものを観て、ストレスフリーでいきたい。

 

テレビが植え付けた、コロナへの恐怖心が心の中から消えることは

しばらくないだろうけど、自分で知識を得て、考えて、感じた事を信じたいと思う

 

f:id:punono:20200108180535j:plain

ウイスキーはお好きでしょう?

このところ、色々な名目をつけては「飲んでいる」

 

何もないから飲もうかな?とか

暑いから飲もうかな?とか

来月誕生日だから飲もう、、とか

 

理由は何だってある、、

 

すると、サロンでの仕事が終わったあとに

ロックアイスを買って、とにかく家に帰る。

そして「う~ん、何を飲もうか?」ってなるわけだ。

 

焼酎、梅酒、日本酒、ラム酒、ワイン、そしてウイスキー

この中から、ストレートなのかロックなのか、ソーダで割るのか

その日の気分でチョイスする

 

ライムやレモン、柑橘系があればサッパリと

暑い夏には最高だ!

 

グラスにもこだわっているけれど、

これは私のマイグラスが万能で何でも美味しく飲めるのだ

 


ウイスキーが、お好きでしょ (完全版) K6n6BPqNU9U

 

その昔、ウイスキーなんて飲めなかったころ、、

このCMの良さは分からなかった、、

 

けれど、食後に少しだけいただく琥珀色のウイスキーを眺める時間

その優雅さに酔いしれる事が楽しめるようになるt

 

あゝ私もいい大人になったんだって思う。

毎日、色々な世情は変わるけれど、

きっとウイスキーの味は変わらない

 

さて、今日は何を飲もうか?

あなたの一杯を教えてください。

夏休みをいただき、信州・新潟の旅に出かけてきました。

旅行が大好きなわたし、、

コロナ禍で一番辛い事は、大好きな旅行、、フラッと気ままに出かける旅行に出かける事が出来ない事だ、、って話すと叱られてしまいそうだけど、そのように生きてきて閉塞的だったり拘束があったり、自分の行動が制限されることが何よりも堪えます。

 

県内の温泉地に出かけたり、人の居ない山に出かけたりして気を付けながら普通に過ごしてきたけれど、お盆も終わると今年の夏も終わりの気配を感じられてきて、短かかった今年の夏、、自分なりに一生懸命に生きられたかな?って思い返すと、そうでも無く、案外ダラダラしていたんじゃないかって思うのでした。本をたくさん買っておいて読んでいない、、とか、自分なりの反省点はたくさんあるのです。

 

そんな中、GW以来の連休をいただき、信州(戸隠・小布施)新潟(寺泊・奥只見)へドライブがてら出かけてきました。その土地のものを食べて、美味しい地酒を飲んで、自然豊かな場所に身を置くこと、、本当に幸せで、本来であればオリンピックもあったのでしょうけど静かな日本の夏をしみじみ感じてきました。

 

戸隠神社は初めて!(忍者のイメージ)

www.togakushi-jinja.jp

神社の由来などの情報もシッカリ調べて行ったつもりが、あまりの軽装でアブに刺されるわ!山道を歩くには靴のチョイスも間違っていて、筋肉痛が二日間残ったほど。

お蕎麦が美味しかったし、有名な神社のもつ力に圧倒されたりと日常を離れて久しぶりに心にゆとりをもって過ごすことが出来ました~(伊勢崎が40℃の気温だった日です)

 

f:id:punono:20200815195129j:image

 

その後は小布施近くの「あけびの湯」に泊まって信州の名だたる山を眺めながらの温泉・そして夕食・部屋からも小布施の町が一望出来て大満足でした。

f:id:punono:20200815195143j:image

obuse-akebinoyu.co.jp

翌日は日本海側に出て、美味しいお魚を食べてから奥只見湖に、、。

niigata-kankou.or.jp

 

奥只見のシルバーラインは一回は車で走ってみる価値あり!私は怖さで涙がでましたが、これもまた旅ですね!非日常が楽しい!

 

お休みをシッカリいただいたので、

気持ちをリセットできました。

 

f:id:punono:20200815195241j:image

お決まりの木に抱きついてパワーを頂きました!これでまた明日から頑張れる。

 

自分を変えるチャンスは人生に数える程度だ

今日は珍しく仕事の話をしたいと思う

 

業者の営業Aさんと長い時間話す機会があった。

40代後半、バリバリ仕事を頑張ってきたけれど、上司が社内闘争に負けて自分の出世の道はほぼ永久に閉ざされた、、これだけ聞くと「よくある話」だと思うだろうし、日本のどこかで繰り返されていることだ。

 

けれども当人になってみれば、これからのサラリーマン人生の十数年をどのようなモチベーションでやっていこうか!の人生をかけた大きな悩み、苦悩だ。

 

新規の会員さんの入会がありほっと一息ついたある日、

たまには世間話でもしようとそのAさんと話し始めたものの、そんなに親しいわけではなく(長きにわたって知ってはいるだけど)、いつものように数分の話のはずが、実際には四時間以上の長い、長い話になった。

 

口火が切られると、

おそらく誰にも話せない悩みや不安は留まるところを知らず、普段見る明るい顔とは違った彼がそこには居た。私は終始「話すところがないのだろうな」と感じながら、家族や友人、同僚にも話せない姿が自分と被って見えた。

 

これからの時代

終身雇用なんてないし、コロナ禍で社会のありかたも変わってしまうようで、特別に守られた職業以外の方は、どん欲に人生ゲームをGAMEOVERまで戦うことになる

けれど注意深く自分の歴史を顧みると、違う道を選択できるチャンスはあったと思う。

 

その時には仕事が楽しくて思った通りにいけると思っていたり、全くそんな事は考えずに見えなかったのかもしれないけれど、絶対にチャンスはあったはずだ。

 

ちょっとした誘い、ちょっとした心の揺れ動き、人からの誘い

本当に些細なことに見えたかもしれないけれど、あったはずだ。

 

 

やるか、やらないか

行くか、行かないか

会うか、会わないか

 

二つに一つを、自分で選んできた結果が今の自分だ。

チャンスがあったら、全力で掴まなければ自分のものにはならない

 

婚活の仕事をしていて思う

婚活も全力で掴まなければ、人との縁はつながらない

 

人生を大きく変えたいのなら、大きな場所に出て行かないと変わらない

今の自分の世界はチッポケだということを知り、大海原に出る決心をしよう。

 

そして怖くても、怖気づいて後ずさりしそうになっても一歩を踏み出そう!

その一歩がどれほどの勇気が必要で、どれほど怖いかを私も知っている

 

私自身、今このように大きな事を言えるような生まれでも育ちでもない。

絶望的に貧困だった思春期、早すぎる結婚、出産、、何も知らずに大人になって、

色々な人に成長させてもらって今に至る

 

20代、30代、そして40代にそれぞれキーマンとなる方と出会ったからこそ今がある。

辛い事も、人を恨んだことも山のようにあったけれど、自分の人生の舵を自分でとれるようになり、自身をコントロールできるようになりいつしか呪縛から離れていった。

 

自分を変えるチャンスは短い人生においては数える程度だ

だから時間も人間関係も、自分にとって必要なもの、事にはどん欲になってほしい

欲しものは、欲しい!と声を大にして言おう

やりたいことは、やりたいと、人に笑われてもやろう

 

他人はあなたの人生にとって、通りすがりの人に過ぎないのだから。

自分を大切に生き切ろう!私も毎日、そう思って生きている

 

失敗しても這い上がって、

何も無かったかのようにまた歩き出す、

自分の人生は、自分のものなのだから

 

f:id:punono:20191010124717j:plain

 

宮古島のきれいな海、、またいつか訪ねたい

コロナ禍は自分を知る、いいキッカケになりました。

 

 

 

 

大恋愛も三年すれば目が覚める

男性の心理は動物だと思うと分かり易い

出会いはじめの衝動的好奇心が大きい時に誘導すればスイッチが入りやすく

女性が逃げそうになると追いかけたくなるものだ。

 

なので女性は決して追いかけてはいけない。

 

追いかけると逃げたくなる、、

これは婚活でも同じような事が多々あります。

超分かり易いのが、LINEでのやり取り

 

どちらかが一方的に送り続けてしまうと、受け取った側は負担に感じて関係を解消しようとする事がとっても多い。傍からみれば、大好きなのね!って感じるけれど、婚活の場合はまだほのかな好意くらいしかない相手から、自分勝手にドンドンLINEを送りつけてくるととられ、、気持ち悪いってなるのが関の山だ

 

大昔、まだスマホなど無い時代、、

 

大好きな人の帰り道に待ち伏せして、

偶然を装って話しかけた記憶のある人。

その行為は今はストーカーという犯罪になった

 

今、帰宅途中に誰かが立っていたら

どう思うのだろう?

多分、恐怖だ!

そして二度とその道は通らない。

 

女性は追いかけたくなる、、

女性のスイッチは後から入ります。

 

婚活の難しさは、

その初動にどちらかに恋愛スイッチが入って

「良いな」って思わせることだ。

そしてそれが相手にも伝わって、

「良い人だな」

ってお互いが思えればほとんど成功する。

 

それが時間の経過とともに

「良い人だけど、、」

ってなるとGAMEOVERなので、

婚活での交際期間は短めがちょうどいい。

 

恋愛は性欲が絡んでいるから、

一年、三年、長くても四年で目が覚める

どんなに素敵な人も、

毎日会っていると空気となる

そこからは本来の人間性がものを言うから、

中高年になっても仲の良い夫婦は、

本当に相性が良いのだ

 

せっかく婚活するなら、 

素敵って感じる人じゃなくて

一生一緒に居られる人を選ぼう

価値観も考え方も

年齢と共に変化していくけれど、

本来持っている「大切なもの」

が一緒であれば暮らしていけるのだ

 

大恋愛も三年すれば目が覚める

これを知っていれば失敗はしない

覚めたあとにも、信頼関係と安心感、

そして思いやりのある夫婦

そんな結婚が勝ち組っだと思う(古?笑)

f:id:punono:20200804211303j:image

2020も8月になりました!

ここから頑張って、家族を作ろう

 

 

こんな人と結婚したくない!そんな気持ちに寄り添って

結婚相談所で仕事をしていると、

感じることがある

f:id:punono:20180324223118j:plain

 

自分の気持ちにウソをつけないって理由から

結婚相談所に在籍していながら、結婚しない方が一定数存在して

 

自分を知るってことは本当は辛いなってつくづく思う

 

年齢だったり、社会的立場だったり、容姿だったり

認めたくないけれど歴然たる事実に心が折れそうになると

自分の気持ちを偽れない的な言葉を発して、

その場から逃げてしまう

 

婚活パーティって

ハッキリ言うと結婚相談所への入会のイベントですが

そんなことは知らずに、誰か良い人がいうのでは?って出かけてみたり、

出かけたら出かけたらで惨めな気持ちになって、帰ってきたり、、。

 

f:id:punono:20180803143026j:plain

 

そしてやっぱり寂しいって思っても

辛い思いまでして婚活などしたくない!これは感情としてはよ~くわかる

 

安くないお金を払って、結婚相談所に入会して

(それだけで、気持ちがへし折れそうだ)

自分なりに頑張ってみたものの、思ったような結果が出ず、

(お金払った時点で解決したように思いがちだ)

自分の好みじゃない人に会ってみろ!って言われて

(とりあえず会ってみるものの)

本当に好きになれそうになくて、、自分はもう結婚出来ないんじゃないか?

(ココロ、パキっと折れる、、)

 

こんな気持ちに近いものを誰もが抱いて、

自己解決したり、折り合いをつけながら婚活と向き合っている

私達カウンセラーは見えないものを生業としているので、

(品物を売っているわけではないから)

会員さんとの信頼関係だけが、互いを繋げるものだ

 

続きを読む
群馬県前橋市千代田町2丁目7-2 Tel&Fax 0272337335 営業時間 10時~20時(要予約) 休日:不定期 http://www.punono.com contact@punono.com 日本結婚相談所連盟正規加盟店 IBJ(東証一部上場) http://www.ibjapan.com/