婚活 結婚サポートブライダルPunono(ぷのの)

恋愛・結婚そして、フッと思ったことなどなど

結婚サポート ブライダルPunono

「未来の年表」分かり易い近未来 聞き慣れきってしまった「少子高齢化」の言葉

機会があって、「未来の年表」の作者(河合 雅司さん)の講演会に出かけました。

数年前に読んでいたこともあり、活字で読むのと、その本を書いた人からの実際の言葉の力の違いに圧倒されて、横で居眠りしている羨ましい方もいましたが、終始聞き入ってしまいました。

 

f:id:punono:20191018113828j:plain

数字はウソをつかない、、

統計はどうしようもない事実なので、受け入れていくしかなく

バランスの悪い社会になっていくことは止められないようです。

 

聞きなれてしまった「少子高齢化」という言葉がどんな時代を作っていくのか、それを知らずに生きていく怖さを改めて感じました。とは言え、あっという間に自分がその仲間入りをすることすら理解できないまま、生きていくこと、、、

 

100年後には日本の人口は半分になってしまう、そうなるとどうなるのか?

生きていないからどうでもいい、ではなくプロセスを知る事は大切です。

地方の良さを再発見

地方に住んでいると、大都市の賑わいとはまったく違う感覚を感じます。

とにかく「お年寄り」が多く、すべての動きは緩慢になりつつあります。若い人はどこにいってしまったのか?と思うくらいに見当たりません。子供が誰一人いなくて町内のお祭りが無くなった、朝タクシーを呼んでも高齢者が使っているからかかなり待たないと来ない、そのタクシーの運転手さんさえ高齢者。

 

前期高齢者より、後期高齢者が上回ったという事実、、

 

私自身のこれからの生き方や、会員の皆さん(特に子供をもちたいと願っている世代)の結婚、婚活にもっと力をいれていこうと考えながら帰路につきました。

 

仕事柄、東京に行くことが増えた私。

都内にいるときは楽しいと感じた事も、慣れてしまえば、何でもあるけれど何もないような不思議な場所に感じていたことも、講演を聞くことによって腑に落ちました。

 

ネットの普及によってスキルがあればどこからでも仕事できるようになり、物価の高い場所を選ばなくても仕事もできるようになったのだから、特に老後を頑張ってその場所に留まらなくてもいい事実があります。そこがニッチな職業が残れる条件の一つだと。

 

子供を産める女性は社会の宝です。

やはり男女は生物的に違う役割が、能力があることをもっと認めていくことが大切だと思いました。「個」の時代ですが「孤」になってしまっては本末転倒。

 

私たちの仕事の存在意義、必要性が改めて感じられた日でした。

 

未来の地図帳 人口減少日本で各地に起きること (講談社現代新書)

未来の地図帳 人口減少日本で各地に起きること (講談社現代新書)

 

 さっそく新刊を注文!

群馬のアラフィフ女性 一緒にフラを踊りませんか?

ブライダルPunono 清水です。 

 

7年前から始めた「フラダンス」

今や非日常を身近で体験できる、ストレス解消の場になっています。

アラフィフ女性、仕事をしているとどうしても日常にドップリ浸かって、、

身も心も「オバサン」になりがちですが、、

 

裸足で簡単に始められる「フラ」は上手になんて踊ろうと思わなくても、

心と身体が不安定にナリガチナ、アラフィフ女性にもってこい!

私も毎日の生活に張り合いを感じて、続いています。

 

私の通う、Halau fura o lei hiwahiwa  (レイヒヴァヒヴァ、って教室)

群馬のアラフィフ女性を対象にした初心者クラスができました!

 

レイヒヴァヒヴァにクプナ(50才以上)
初心者向けクラス誕生
 
働いている方でも大丈夫の 木曜日の19時~です。
11月14日より無料体験受付中
 

f:id:punono:20191017114445j:plain


 
初めてでも大丈夫👌
運動の苦手な方
ハワイを感じたい方も!
 
また経験者の方で久しぶりにやってみよう!
と思っている方も大歓迎⤴️⤴️
 
身体と心のデトックスに、運動不足解消に、
リラックス効果も期待できます
 
お問い合わせは、下記より
お気軽にお声掛けください🧜🏻‍♀️
 
080-3343-8291 石田まで
 
 

愛犬からもらった無償の愛情 

ブライダルpunono 清水です。

我が家の長女ジーナ ブラックタンのロングコートチワワ

徳島のブリーダーさんより飛行機に乗ってやってきたのがもう8年半前

私が初めて飼った室内犬で、子供達が自立したときに お迎えしたので、まるで我が子のように可愛がってきましたが

8月のある日、まるで眠るようにで虹の橋を渡りました。

一か月半が経ち、気持ちが落ち着いてきてみると、 彼女と暮らした日々に感謝の気持ちしか湧いてきません。 だから今は、寂しいというよりありがたかった、、 そんな気持ちです。

っと言うのは、 私自身が家庭の事情により、大人からの愛情の無いままに大人になり、 愛情をもって育てた二人の子供が巣立ってみると、 与え続けたって気持ちがとても強く、まるで長い間喉が渇いいたように 愛情ってものにとても飢えていることに気が付いたのです。

ジーナがわが家にやってきたのは丁度その頃でした。

手のひらに乗るくらい小さい仔犬、 初めて育ててみるととても手がかかって、私も不慣れで大変でしたが ジーナも初めての場所できっと大変だったのだと思い出されます。

お世話が面倒だと思う時があっても、 帰宅する私を喜んで出迎えてくれる存在にすっかり慣れきってしまった頃に、 まるで私への天罰のように逝ってしまいました。

目の前に、大切な人がいたとしてもそれは永遠じゃなく、 お互いが生きている時間のほんの一部を共有しているだけ。 それはパートナーでも、自分の子供でも、もちろん親であっても

人間ってわがままな生き物だから、気分や感情で人にあたってしまったり、 実の親子であっても愛情を注げない場合もあり、 最近では悲しい事件も後を絶たない中、

何があっても慕ってくれたジーナに お礼を言いたい気持ちでいます。

もう少しで人間でいうところの四十九日、、 本当かわからないけれどお坊さんが言うには 犬は四十九日で他の生き物に生まれ変わるのだとか、、。 きっと人間だと思う、、どこかで出会いたいから。

彼女の死は受け入れがたいものだったけれど、 私が逆に愛情を、、 無償の愛情をもらっていたのだと気付いて 過ぎ去った時間をとても愛おしく思えるようになりました。

私は特殊な生い立ちで親の愛情はわからなかったけれど、 愛犬からもらった愛情でじゅうぶんに満たされた、、 そんな経験でした

愛するのは異性じゃなくても、この世に生まれて 愛し愛された記憶が大切だと、、

ジーナと幼少期のわたし、、

生きていることは奇跡で、知り合う事も奇跡だとしたら、 一期一会をもっともっと大切にしていきたい。

それは広大な宇宙で知り合えた、 広大なる出会いなのだから。

遅い夏休み、、宮古島に行ってきました(フラのコンペ付き)

10月も中旬、、

ぞっこんのめり込んでいる「フラ」コンペティションに参加するべく、

宮古島に行ってきました~

f:id:punono:20191010124717j:image

羽田空港から、三時間のフライト。

 

f:id:punono:20191010124807j:image

 

ほとんど台湾ですね 笑

 

コンペティションはチームで三位に入賞して、

その後は、遊びつくし、飲み尽くし、

食べつくして、フラフラになって群馬に帰ってきました。

 

www.nanseirakuen.com

 

女性ばかり8人のグループですので、

もちろん大笑いばかりの珍道中!

泣き、笑いありの大人すぎる宮古島でした。

沖縄は本島もいいけれど、やっぱり離島が昔ながらの面影もあり

素朴で素敵でした。

 

f:id:punono:20191010124751j:image

 

素晴らしい海の青さと、ほっこりとする郷土料理

そして素敵なホテルでのひと時、、

お酒で飲みすぎて、ついつい口も緩んでしまったけど、

こういう非日常は、必要です。

f:id:punono:20191010124842j:image

部屋からの朝焼け、、


f:id:punono:20191010124847j:image

普通に海の色、、


f:id:punono:20191010124838j:image

伊良部大橋(感動しました!)

 

また行きたいな、、

行けるときに、行ける場所に。

そして決まり文句だけど

「どこへ行くかより、誰と行くか」

 

結婚も同じなのですよね、、。

とにかく一生に一回は、、宮古島へ、、

反発承知で書きます!ハ ゲの傾向にある、大人しい男性は20代で結婚を決めよ!

最近でこそ、

「ハゲてても、思いっきりスキンヘッドにしちゃっていれば良いよね!」っていう女子がいるような感じがするけど、それは性格が明るくって社交的でハゲなんて微塵も感じさせないあっけらかんとできる一部の男性に限定される。

 

私も数人、素敵なハゲを知っているけれど、それぞれに魅力的な方です。

 

ほとんどの女性は(たとえ50代だって)初対面の男性が、おでこ後退じゃなく、ザビエル状態でハゲている人に対してとても厳しいです。お坊さんでもない限り、かなりの酷評となります。実際に結婚相談所で、どんなに良いフェイスでも、条件でもハゲであるがためにパスされていることは事実なんです。

 

デブ専あるけど、ハゲ専あるのか?

 

じゃ、ハゲが悪いのか?っていったら、欧米人はハゲていてもカッコよく見えたりする、、自然なことだからどうしようもない=悪くない

 

結局女性は男性の優秀な遺伝子に惹かれるもので、身体の一部が損なわれているハゲを上回るイケメンさや、財力、そしてリカバリーするキャラが無ければ、おそらく、、惹かれないのです。

 

もちろん結婚後、徐々にハゲたりすればそれは可愛らしく思えたりするものなんですが、初対面の若ハゲはキャラがたっていないと苦しい、、どうしても見てしまう、、等々あるんです。

 

うちの会員さんにもいましたが、お申込みしても決まらない原因、、

ハゲ以外に考えられなくてかなり苦戦しました。

 

だから男性は自分にその気配が感じられたら、

一刻も早いうちに彼女を作りましょう。

そして結婚しましょう!

 

結婚後のハゲに関して、女性は母のように寛容です
厳しくかいちゃったけど、本当のこと。急げ!

f:id:punono:20190807162919j:plain

 

男女は理屈じゃない!ごもっとも

 

headlines.yahoo.co.jp

 

大好きな二人のこのニュース!

そして「決め手は理屈じゃない」

 

今日は一日、このニュースで持ち切りになりそうな 笑

明るい話は心がハレバレしますね。

 

皆さん!理屈じゃないんです。

思ったように生きていこう

群馬県前橋市千代田町2丁目7-2 Tel&Fax 0272337335 営業時間 10時~20時(要予約) 休日:不定期 http://www.punono.com contact@punono.com 日本結婚相談所連盟正規加盟店 IBJ(東証一部上場) http://www.ibjapan.com/